セットアップウイザードを使う

無料楽譜作成ソフトフィナーレノートパッドは、
セットアップウイザードまでついていて、非常に便利。
セットアップウイザードを早速始めてみる。
ワープロや表計算ソフトのようにこの無料楽譜作成ソフトは、
新しいFinaleNotePadファイルのセットアップを完了まで導いてくれる。
まずフィナーレノートパッドを起動します。
まず、
@〔ファイル〕メニューをクリックし、〔新規作成〕を選択します。
〔タイトル(曲名)〕ボックスをクリックし、「Frere Jacques」と入力してください。
A〔作曲者〕ボックスをクリックし、「Folk Song」と入力してください。
B縦横位置や、標準のA4以外のページサイズを選択することが、
できることに注意しましょう。
C入力が終わりましたら、〔次へ〕をクリックしてください。
そうしますとパートや楽器を新しい楽譜に入れたいか尋ねられるので、
最初の列には、楽器のカテゴリーの一覧がある。
次の列には、1列目で現在選択されているカテゴリーの中に、
含まれる楽器の一覧があります。
3番目の列は空なのですが、楽譜で使うことになる、
楽器の一覧が最終的に入ります。
D最初の列で、「コーラス」という語をクリックしてください。
2番目の列に一般的なコーラスパートの一覧が表示されます。
E2番目の列で、「ソプラノ」という語をクリックし、
〔追加〕をクリックしてください。
これで3番目の列に、この楽譜で使う予定のパートが入ります。
3番目の列の中に表示される楽器の順番が、楽譜の中で上から下へと表示される順番になることにご注意しましょう。
複数パートの楽譜を作成していてセットアップウィザードで、
楽器の順番が正しくならなかった場合には、
小さな上下矢印を使って、正しくなるまで、
一覧の中で楽器を動かすことができます。
F〔次へ〕をクリックしますと、拍子記号および調号が尋ねられます。
いくつか一般的な拍子記号が示されました。
Gスクロールバーを使って調を選択してください。
調号にシャープを追加するには、上矢印をクリックしてください。
フラットを追加するには、下矢印をクリックしてください。
ドロップダウンメニューから、短調か長調かを、
指定することもできますのでで便利ですね。
そして〔e〕ボタンをクリックしてください。
下矢印を1回クリックして、調号をFメジャーに設定しましょう。
H〔完了〕をクリックしますと、「Frere Jacques」という曲名が、
表示されて調号と拍子記号が正しいソプラノの五線が含まれる、
新しい名称未設定ファイルが示されます。
これで、セットアップウイザード終了しました。

finale not padステップツールショートカット表1
finale not padステップツールショートカット表2
finale not padステップツールショートカット表3
finale not padステップツールショートカット表4
Finale NotePad 2010 ダウンロード版が発売されました
SponsoredLink