初音ミクを使ってみた

初音ミクVOCALOID2を使ってみた感じでは、正直かなり面白い。用途的に様々な使用方法を考えられて例えば、火曜サスペンス的な使用方法として、身元特定されないようにするには最適か。制作側からすると使用用途はかなり間違っているが、完全に機械に声を担当させるには重宝することだろうと思う。現にそういう用途で初音ミクを使わないようにと販売元のクリプトンは述べている。声質、テンション等で、心理状態等は見破ることができるので、撹乱にもうってつけ。本来の用途意外の可能性の考察については、これくらいにして、初音ミクを使って個人が作ったvsqファイルはないかな?といろいろネットサーフィンしてみて、ダウンロードしてみると、やはり、機械チックなテンポ感は、使い方を完全マスターしてもどうも改善できないようである。そこで、ネットに転がっている比較的綺麗なテンポになっている、初音ミクで歌声データを作成して加工したmp3ファイルをダウンロードしてみたら、どうもACID等を使用してエフェクトをかけているようである。なので、初音ミクは高音域が弱いというより、エフェクトをかけないと機械的なテンポを改善できないので、個々の選択技術レベルの差のようである。初音ミクの声質とマッチしているのは、ユーミンでしょうか。ニコニコ動画に投稿されていた、スタジオジブリの魔女の宅急便のやさしさに包まれたならはクオリティはなかなかなものである。というより、ヤマハなので、ユーミンの声質データなら、サンプルが揃っているということだったりして。たしかヤマハのコマーシャルにユーミンが出演してた気がするので。あと、クオリティが高いもので、初音ミクで歌声データを作成した宇多田ヒカルの”ぼくはくま”のMP3ファイルもダウンロードしてみたが、これはかなりイメージどおりの完成度の高さである。選曲の妙というより、製作者の技術力によるところっぽい、そして初音ミクをよく研究されている気がする。現時では、上記に書いたことから、DTMソフトに多少知識がはいってきたので、少し見方が変わってきて、初音ミクというソフトは、これで十分なのだろうと思ったりする。そこそこの価格帯のDTMソフトがあれば、初音ミクの機械っぽい声質を人間よりに加工していくのは、可能なようである。実際にプロの方も歌手の声をそのままつかったりせず、ある程度の落としどころを考えて加工している。中田ヤスタカがプロデュースしたパフュームなんかも大いに加工している。まだ初音ミクの使用法としての全体像が見えていないので、ボーカル作成にいたらないが、時間ができたら何かを作ってアップしてみようかと思ったりする。初音ミクは音楽好き尚且つDTMユーザーなら、なかなか面白い玩具である。
finale notepad 2012 がいつのまにかに無料になっていた
ボーカリスト作成ソフト初音ミク
ダイヤモンドユカイが面白い歌スタ
Finale NotePad 2010 ダウンロード版が発売されました
国内のfinale note pad国内のfinale note pad以外の譜面ソフト
amazonマーケットプレイスで購入したいがクレジットカードを持ってないので購入できない場合の対処方法
無料譜面入手方法
無料譜面ソフトチュートリアル1
SponsoredLink
タグ:初音ミク